無線従事者資格の操作範囲

第1級陸上無線技術士
無線設備の技術操作
(注)第4級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

 
第2級陸上無線技術士
次に掲げる無線設備の技術操作
1. 空中線電力2キロワット以下の無線設備(テレビジョン放送局の無線設備を除く)
2. テレビジョン放送局の空中線電力500ワット以下の無線設備
3. レーダーで第1号に掲げるもの以外のもの
4. 第1号及び前号に掲げる無線設備以外の無線航行局の無線設備で960メガヘルツ
以上の周波数の電波を使用するもの
(注)第4級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

 

第1級総合無線通信士
1.無線設備の通信操作
2.船舶及び航空機に施設する無線設備の技術操作
3.前号に掲げる操作以外の操作で第2級陸上無線技術士の操作の範囲に属するもの
(注)第1級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

 

第2級総合無線通信士

【操作の範囲】

1.次に掲げる通信操作
イ 無線設備の国内通信のための通信操作
ロ 船舶地球局、航空局、航空地球局、航空機局及び航空機地球局の
無線設備の国際通信のための通信操作
ハ 移動局(ロに規定するものを除く)及び航空機のための無線航行局
の無線設備の国際通信のための通信操作(電気通信業務の通信の
ための通信操作を除く)
ニ 漁船に施設する無線設備(船舶地球局の無線設備を除く)の国際電気
通信業務の通信のための通信操作
ホ 東は東経175度、西は東経94度、南は南緯11度、北は北緯63度
の線によって囲まれた区域内における船舶(漁船を除く)に施設する
無線設備(船舶地球局の無線設備を除く)の国際電気通信業務の通信の
ための通信操作
2.次に掲げる無線設備の技術操作
イ 船舶に施設する空中線電力500ワット以下の無線設備
ロ 航空機に施設する無線設備
ハ レーダーでイ及びロに掲げるもの以外のもの
ニ イからハまでに掲げる無線設備以外の無線設備(放送局の無線設備
を除く)で空中線電力250ワット以下のもの
3.第1号に掲げる操作以外のうち、第1級総合無線通信士の操作の範囲に
属するモールス符号による通信操作で第1級総合無線通信士の指揮の下に
行うもの

(注)第1級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

第3級総合無線通信士

【操作の範囲】

1. 漁船(専ら水産動植物の採捕に従事する漁船以外の漁船で国際航海に従事する
総トン数300トン以上のものを除く。以下同じ)に施設する空中線電力250ワット
以下の無線設備(無線電話及びレーダーを除く)の操作(国際電気通信業務の
通信のための通信操作及び多重無線設備の技術操作を除く)
2. 前号に掲げる操作以外の操作で次に掲げるもの(国際通信のための通信操作及び
多重無線設備の技術操作を除く)
イ 船舶に施設する空中線電力250ワット以下の無線設備(船舶地球局及び航空局
の無線設備及びレーダーを除く)の操作(モールス符号による通信操作を除く)
ロ 陸上に開設する無線局の空中線電力125ワット以下の無線設備(レーダーを
除く)の操作で次に掲げるもの
(1) 海岸局の無線設備の操作(漁業用海岸局以外の海岸局のモールス符号に
よる通信操作を除く)
(2) 海岸局、海岸地球局、航空局、航空地球局、航空機のための無線航行局及び
放送局以外の無線局の無線設備の操作
ハ レーダーの外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
3.前号に掲げる操作以外の操作で第3級陸上特殊無線技士の操作の範囲に属するもの
4. 前2号に掲げる操作以外の操作のうち、第2級総合無線通信士の操作の範囲に属する
モールス符号による通信操作(航空局、航空地球局、航空機局、航空機地球局及び
航空機のための無線航行局の無線設備の通信操作を除く)で第1級総合無線通信士
または第2級総合無線通信士の指揮の下に行うもの(国際通信のための通信操作を除く)

(注)第2級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

第1級海上無線通信士

【操作の範囲】

1. 船舶に施設する無線設備(航空局の無線設備を除く)並びに海岸局、海岸地球局及び
船舶のための無線航行局の無線設備の通信操作(モールス符号による通信操作を除く)
2. 次に掲げる無線設備の技術操作
イ 船舶に施設する無線設備(航空局の無線設備を除く)
ロ 海岸局及び海岸地球局の無線設備並びに船舶のための無線航行局の無線設備
(イに掲げるものを除く)で空中線電力2キロワット以下のもの
ハ 海岸局及び船舶のための無線航行局のレーダーでイ及びロに掲げるもの以外のもの

(注)第4級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

 

第2級海上無線通信士

【操作の範囲】

1. 船舶に施設する無線設備(航空局の無線設備を除く)並びに海岸局、海岸地球局及び
船舶のための無線航行局の無線設備の通信操作(モールス符号による通信操作を除く)
2. 次に掲げる無線設備の外部の調整部分の技術操作並びにこれらの無線設備の部品の
取替えのうち簡易なものとして総務大臣が告示で定めるもの及びこれらの無線設備を構成
するユニットの取替えに伴う技術操作   イ 船舶に施設する無線設備(航空局の無線設備を除く)
ロ 海岸局及び海岸地球局の無線設備並びに船舶のための無線航行局の無線設備
(イに掲げるものを除く)で空中線電力250ワット以下のもの
ハ 海岸局及び船舶のための無線航行局のレーダーでイ及びロに掲げるもの以外のもの

(注)第4級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

 

第3級海上無線通信士

【操作の範囲】

1. 船舶に施設する無線設備(航空局の無線設備を除く)並びに海岸局、海岸地球局及び
船舶のための無線航行局の無線設備の通信操作(モールス符号による通信操作を除く)
2. 次に掲げる無線設備の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
イ 船舶に施設する無線設備(航空局の無線設備を除く)
ロ 海岸局及び海岸地球局の無線設備並びに船舶のための無線航行局の無線設備
(イに掲げるものを除く)で空中線電力125ワット以下のもの
ハ 海岸局及び船舶のための無線航行局のレーダーでイ及びロに掲げるもの以外のもの

 

第4級海上無線通信士

【操作の範囲】

次に掲げる無線設備の操作(モールス符号による通信操作及び国際通信のための
通信操作並びに多重無線設備の技術操作を除く)
1.船舶に施設する空中線電力250ワット以下の無線設備
(船舶地球局及び航空局の無線設備並びにレーダーを除く)
2.海岸局及び船舶のための無線航行局の空中線電力125ワット以下の
無線設備(レーダーを除く)
3.海岸局、船舶局及び船舶のための無線航行局のレーダーの外部の
転換装置で電波の質に影響を及ぼさないもの

(注)第4級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

 

第1級陸上特殊無線技士

【操作の範囲】

1. 陸上の無線局の空中線電力500ワット以下の多重無線設備(多重通信を行う
ことができる無線設備でテレビジョンとして使用するものを含む)で30メガヘルツ
以上の周波数の電波を使用するものの技術操作
2. 前号に掲げる操作以外の操作で第2級陸上特殊無線技士の操作範囲に属するもの

 

第2級陸上特殊無線技士

【操作の範囲】

1. 次に掲げる無線設備の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの
技術操作
イ 陸上の無線局の空中線電力10ワット以下の無線設備(多重無線設備を除く)
で1,606.5キロヘルツから4,000キロヘルツまでの周波数の電波
を使用するもの
ロ 陸上の無線局のレーダーでイに掲げるもの以外のもの
ハ 陸上の無線局で人工衛星局の中継により無線通信を行うものの空中線電力
50ワット以下の多重無線設備
2. 第3級陸上特殊無線技士の操作の範囲に属する操作

第3級陸上特殊無線技士

【操作の範囲】

陸上の無線局の無線設備(レーダー及び人工衛星局の中継により無線通信を行う無線局の多重無線設備を除く)で次に掲げるものの
外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
1. 空中線電力50ワット以下の無線設備で25,010キロヘルツから960メガ
ヘルツまでの周波数の電波を使用するもの
2. 空中線電力100ワットイかの無線設備で1,215メガヘルツ以上の周波数
の電波を使用するもの

 

第1級海上特殊無線技士

【操作の範囲】

1. 地祇に掲げる無線設備(船舶地球局及び航空局の無線設備を除く)の通信操作
(国際電気通信業務の通信のための通信操作を除く)及びこれらの無線設備(多重無線
設備を除く)の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
イ 旅客船であって平水区域(これに準ずる区域として総務大臣が告示で定めるものを
含む。以下同じ)を航行区域とするもの及び沿海区域を航行区域とする国際航海に従事
しない総トン数100トン未満のもの、漁船並びに旅客船及び漁船以外の船舶であって
平水区域を航行区域とするもの及び総トン数300トン未満のものに施設する空中線
電力75ワット以下の無線電話及びデジタル選択呼出装置で1,606.5キロヘルツから
4000キロヘルツまでの周波数の電波を使用するもの
ロ 船舶に施設する空中線電力50ワット以下の無線電話及びデジタル選択呼出装置で
25,010キロヘルツ以上の周波数の電波を使用するもの
2. 旅客船であって平水区域を航行区域とするもの及び沿海区域を航行区域とする国際航海
に従事しない総トン数100トン未満のもの、漁船並びに旅客船及び漁船以外の船舶であって
平水区域を航行区域とするもの及び総トン数300トン未満のものに施設する船舶地球局の
無線設備の通信操作並びにその無線設備の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさない
ものの技術操作
3. 前2号に掲げる操作以外の操作で第2級海上特殊無線技士の操作の範囲に属するもの

 

第2級海上特殊無線技士

【操作の範囲】

1. 船舶に施設する無線設備(船舶地球局及び航空局の無線設備を除く)並びに海岸局及び
船舶のための無線航行局の無線設備で次に掲げるものの国内通信のための通信操作
(モールス符号による通信操作を除く)並びにこれらの無線設備(レーダー及び多重無線
設備を除く)の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
イ 空中線電力10ワット以下の無線設備で1,606.5キロヘルツから4,000
キロヘルツまでの周波数の電波を使用するもの
ロ 空中線電力50ワット以下の無線設備で25,010キロヘルツ以上の周波数の電波を
使用するもの
2. レーダー級海上特殊無線技士の操作の範囲に属する操作

 

第3級海上特殊無線技士

【操作の範囲】

1. 船舶に施設する空中線電力5ワット以下の無線電話(船舶地球局及び航空局の無線電話で
あるものを除く)で25,010キロヘルツ以上の周波数の電波を使用するものの国内通信
のための通信操作及びその無線電話(多重無線設備であるものを除く)の外部の転換装置で
電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
2. 船舶局及び船舶のための無線航行局の空中線電力5キロワット以下のレーダーの外部の転換
装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作

 

航空無線通信士

【操作の範囲】

1. 航空機に施設する無線設備並びに航空局、航空地球局及び航空機のための無線
航行局の無線設備の通信操作(モールス符号による通信操作を除く)
2. 次に掲げる無線設備の外部の調整部分の技術操作
イ 航空機に施設する無線設備
ロ 航空局、航空地球局及び航空機のための無線航行局の無線設備で空中線電力
250ワット以下のもの
ハ 航空局及び航空機のための無線航行局のレーダーでロに掲げるもの以外のもの

(注)第4級アマチュア無線技士の操作の範囲に属する操作も行うことができます。

 

航空特殊無線技士

【操作の範囲】

航空機(航空運送事業の用に供する航空機を除く)に施設する無線設備及び航空局(航空
交通管制の用に供するものを除く)の無線設備で次に掲げるものの国内通信のための通信
操作(モールス符号による通信操作を除く)並びにこれらの無線設備(多重無線設備を
除く)の外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作
1. 空中線電力50ワット以下の無線設備で25,010キロヘルツ以上の周波数の電波
を使用するもの
2. 航空交通管制用のトランスポンダで前号に掲げるもの以外のもの
3. レーダーで第1号に掲げるもの以外のもの

 

レーダー級海上特殊無線技士

【操作の範囲】

海岸局、船舶局及び船舶のための無線航行局のレーダーの外部の転換装置で電波の質に
影響を及ぼさないものの技術操作

 

国内電信級陸上特殊無線技士

【操作の範囲】

陸上に開設する無線局(海岸局、海岸地球局、航空局及び航空地球局を除く)の無線電信
の国内通信のための通信操作

 

第1級アマチュア無線技士

【操作の範囲】

アマチュア無線局の無線設備の操作

 

第2級アマチュア無線技士

【操作の範囲】

アマチュア無線局の空中線電力200ワット以下の無線設備の操作

 

第3級アマチュア無線技士

【操作の範囲】

アマチュア無線局の空中線電力50ワット以下の無線設備で18メガヘルツ以上
または8メガヘルツ以下の周波数の電波を使用するものの操作

 

第4級アマチュア無線技士

【操作の範囲】

アマチュア無線局の無線設備で次に掲げるものの操作(モールス符号による通信操作
を除く) 1. 空中線電力10ワット以下の無線設備で21メガヘルツから30メガヘルツまで
または8メガヘルツ以下の周波数の電波を使用するもの
2. 空中線電力20ワット以下の無線設備で30メガヘルツを超える周波数の電波を
使用するもの


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

人気体験記一覧

このページの先頭へ